簡単!中学英語で出来る電話のかけ方&受け方全8パターン

phone call



今回のテーマは「英語で電話応対しよう!」です。

英語で電話なんて私には関係ないな…。と思っている人も、なぜか外国人の友達が突然できたり、職場で英語での問い合わせの電話を受けたりする時は突然やってくるものです。そんなことになっても焦らないように、今から対策をとっていきましょう。

実は英語での電話応対は思っているより簡単です。短い表現でサクッと伝えるのが基本なので、簡単な中学英語で十分言えてしまうのです。電話だからといって身構える必要はありません。

では見ていきましょう!

電話をかける時の応答パターン

自分が誰で、誰と話したいのかを伝える

電話をかけて相手が出ました。そこでまず最初に言う言葉はHello「もしもし」ですね。イントネーションはHello.⤵︎です。

そして次に自分が誰なのかを伝えましょう。電話ではThis is〜という表現を使います。This is〜のあとにspeakingをつけると丁寧な言い方になります。

例)

Hello. This is Miho (speaking).
もしもし。ミホと言います。


次に話したい相手に代わってもらいたい時の表現です。

日本語の「〜さんはいますか?」は、英語でIs 〜 there?や、Can I talk to 〜 ?という表現が便利です。

例)

Is Kate there?
ケイトさんはいますか?
Can I talk to Mark?

マークと話せますか?

これらは親しい友達などで使うカジュアルな言い方です。

Miho

Hello. This is Miho. Is Kate there?

Will

Yes. *Hold on, please.

*hold onは「そのまま繋げておく」という意味。



ビジネスシーンなどでフォーマルな場面では、May I speak to 〜, please.や、I’d like to speak to〜, pleaseといった丁寧な表現を使います。

例)

May I speak to Ms. Tanaka, please?
I’d like to speak to Ms. Tanaka, please.

田中さんをお願いしたいのですが。


本人が電話に出た場合

電話に出た相手がまさに本人だった場合は「今話せる?」と聞いたりしますね。そんな時は、

Can we talk now?
Can I talk to you now?

Is it a good time to talk now?

という言い方があります。CanをCouldにすると、より丁寧な言い方になります。

Miho

Hi, Kate. Can we talk now?

Kate

Sure. *What’s up, Miho?

*What’s upは「どうしたの?」という意味。


相手が不在だった場合

もしも相手が不在だった場合は、かけ直すのか、それとも折り返し電話が欲しいのかどうかを伝えましょう。

かけ直す時
I’ll call again later.
後でまたかけます。

折り返し電話が欲しい時
Could you tell her/him to call me back?
折り返し電話をくれるように伝えてくれませか?


他にも、

伝言を残したい時
May I leave a message?
伝言をお願いしてもいいですか?
Please tell her/him that I called.
電話があったことを伝えてください。

なども定番の表現です。よく使うのでぜひ覚えておくといいでしょう。


さらに、

いつ戻るのか聞きたい時
Do you know when she will be back?
いつ戻るか分かりますか?

と言います。

Will

Sorry, she is not here right now.

Miho

OK. Well, do you know when she will be back?

Will

She’ll be back by 5.

Miho

OK. Please tell her that I called.

Will

Sure. No problem.

Miho

Thank you. Good bye.



他にもavailable「アヴェイラブル」という語がよく使われます。availableは「利用できる・手に入れることができる」という意味です。

Do you know when she is available?
いつ彼女は空いていますか

このavailableは日常でもビジネスでも旅行でも使うことが多い単語ですので、ぜひ覚えておくといいといいでしょう。

例)

Do you have any single rooms available for tonight?
今夜空いているシングルルームはありますか?

This bathroom is not available at the moment.
現在この化粧室は使用できません。


電話を受ける時の応答パターン

電話がかかってきたら?

次は自分が電話を受ける場面を見ていきましょう。電話に出る時もまずはHello.と言います。イントネーションですが、今度は語尾を上げてHello?⤴︎になります。

相手が誰か分からない時はWho are you?とは聞きません。代わりに、

Who’s calling (, please)?
Who is this (, please)?

どちら様ですか?

という表現を使います。(Who are you?は「あんた誰?」のようにぶっきらぼうな言い方になるので注意!もちろんいたずら電話をしてきた悪意のある人や身代金を要求してきた犯人からの電話に対しては使えます。)

Miho

Hello?

Kate

Hi, Miho. It’s me!

Miho

Sorry? Who is this?

Kate

Oh! This is Kate. *It’s been a while!

It’s been a while!は「久しぶり!」という意味。


自分への電話だった場合

「〜さんはいますか?」と聞かれ、それが自分への電話だった時は、

It’s me.
Speaking.
This is she.
(自分が女性の場合)
This is he.(自分が男性の場合)

と言います。

Kate

Hello. This is Kate. Can I talk to Miho?

Miho

Hi, Kate. This is she! What’s up?


ビジネスシーンなどで丁寧に言いたい時は、

This is Takana speaking.
田中です。

という言い方をします。

別の人への電話だった場合

「少々お待ちください」は英語で、

Hold on (, please).
Just a moment (, please).

と言います。先ほども出てきましたが、holdは「保持する」という意味で、onは「繋がっている状態」を表します。つまり、「そのまま切らずにいて下さい」という意味ですね。

「今(本人に)代わります」は、

I’ll get her/him for you.
She’ll/He’ll be right here.

と言います。

Kate

Hello. This is Kate. Is Sam there?

Miho

Yes. Hold on, please. He’ll be right here.


もしオフィスでの内線でつなぐ時は、

Just a moment, please. I’ll put you through.
少々お待ちください。今おつなぎします。

と言います。

不在だった場合

不在だった場合は、不在であることを伝え、本人がいつ戻るのかを伝えるといいですね。

不在であることを伝える
He is out right now.
今外出中です。
He’s gone for the day.
今日は一日中いません。
He is off today.
今日は休みです。


いつ戻るか伝える
He’ll be back by five.
5時までに戻ります。
He’ll be back before noon.
正午前には戻ります。
He’ll be gone until Friday.
金曜日まで不在です。

byやbefore, untilの使い方はこちらの記事で紹介しています↓合わせてどうぞ。

until by before


Kate

Hello. This is Kate. Can I talk to Sam?

Miho

Sorry. He is out right now.

Kate

OK. Do you know when he will be back?

Miho

I think he’ll be back by 10 o’clock.



さらに伝言を残すかどうかなどを聞く時は、

Do you want to leave a message?
伝言はありますか?

と言ったり、

Would you like to leave a message?
Would you like me to take a message?
伝言を承りましょうか?

という表現を使えばより丁寧さが増します。

他にも、「電話があったことを伝えておきますか」と言いたい時は、

Do you want me to tell him that you called?
Would you like me to tell him that you called?

といった言い方があります。

Miho

Do you want me to tell him that you called?

Kate

Yes, that would be great. Thanks.



もし相手の名前をもう一度確認したい時は、次の表現を使ってば大丈夫です。

I’m sorry. Who is this again, please?
I’m sorry. Who’s calling again, please?
I’m sorry. May I have your name again?


どれも名前をもう一度聞きたい時に使える便利な表現です。

間違い電話だった場合

「間違い電話」は英語でthe wrong numberと言います。wrongは「間違った」、numberは「番号」ですね。You have the wrong number.はもう定番フレーズなので覚えておきましょう。

ビジネスシーンなどでは、

I’m afraid, but you have the wrong number.
I’m sorry, but you must have the wrong number.

すみません、まちがい電話のようですが。

という丁寧な表現を使います。I’m afraidは「恐れ入りますが」という意味に近いです。

また、I thinkをつけても柔らかい表現になります。

Kate

Can I talk to Will?

Miho

Well, I think you have the wrong number.

Kate

Oh, I’m sorry.

Miho

That’s OK. Bye.


簡単!中学英語で電話応対 最後に

今回は「英語で電話をする」がテーマでした。どれも中学英語の文法やボキャブラリーで完結してしまうのでとても簡単でしたね。

ほとんどの人が携帯電話やスマホを持つ今の時代では、家の固定電話を使う人も少なくなってきました。でも社会に出れば、突然海外から職場に電話がかかってきたり、逆にかけないといけない場面が出てくるかもしれません。

そんな時にあたふたしないよう、今回紹介した表現でお気に入りを見つけて必ず声に出して練習してみてください!そうすれば本番でもスムーズに応対できますよ。

greeting

スポンサード リンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Cocoa
Cocoa
こんにちは!英会話スクールの主任講師として約10年ほど英会話を教えてきました。英会話スクール講師のほかTOEICセミナー講師、通信教育の添削指導者、英語翻訳などを経て、現在は大阪で主婦をしています。TOEIC910点取得。得意分野は英文法、発音、英検・TOEIC、アメリカンカルチャーなど。中学英語の見直しを基本に、みなさんに役に立つ記事を発信しています!