現在完了形で【継続】を伝える方法(状態動詞と動作動詞)

continuous



今回は現在完了形について見ていきます。現在完了形は英会話には欠かせない用法で、大きく分けて【継続】【完了】【継続】の3つ場面で使うことができます。

その中でも今回ターゲットとしている【継続】を使いこなせるようになると、

「大きなソファをずっと欲しいと思っているの」

とか、

「僕たち結婚して3年たつね」

とか、

「朝からずっと雨が降ってるニャ」

といったことが言えるようになります!


現在完了【継続】のルールさえ押さえておけば、あとは自由自在に単語を当てはめて文を作ることができるのでとっても便利ですよ。

ではさっそく見ていきましょう!

現在完了形のキホンの形と状態動詞

まずは現在完了の基本の形から。なんといってもこれが基本中の基本になります。

現在完了形の形
present-perfect


have(またはhas)は、その文の主語が「だれ(何)」かによって使い分けます。

havehas
主語が I, you, we, they, 複数形の名詞のとき

I have (I’ve)
You have (You‘ve)
We have (We’ve)
They have (They’ve)
The children have
主語が she, he, it, 単数形の名詞のとき

She has (She’s)
He has (He’s)
It has (It’s)
The man has


ちなみにこのhave(has)は「持っている」という動詞ではありません。

このhave(has)は助動詞です。助動詞には他にもcan(可能性), will(意思・未来),may(推量)などがあり、これらは動詞の原形と組み合わせることでいろんなニュアンスを与える働きをします。

その中でもhaveは、経験・完了・継続といった3つのニュアンスを与える働きをします。このhaveと他の助動詞との違いは、haveは動詞の過去分詞形と組み合わせる、ということです。


次にその過去分詞形を見ていきます。

【継続】の現在完了形の文でよく使う動詞を中心に、その過去分詞形をまとめてみました。 一つ一つ忘れていないか確認をしておきましょう。

原形過去分詞形意味
knowknown知っている
havehad持っている
standstood(建物が)立っている
bebeenいる・である
loveloved愛している
wantwanted欲している
hopehoped望んでいる
believebelieved信じている
rememberremembered覚えている
understandunderstood理解している
belongbelonged所属している
ownowned所有している
existexisted存在している
livelived住んでいる
likeliked好んでいる



さて、これらの動詞を見て気づいたことはありませんか?分かった人はなかなか鋭い感覚の持ち主ですよ。

そうです。これらの動詞はすべて状態動詞です。

動詞には状態動詞動作動詞の2つがあり、状態動詞とはその名のとうり「状態」を表す動詞のことです。動作動詞は進行形にできますが、状態動詞は進行形にはできません。

状態動詞であるknow(=知っている状態)、live(=住んでいる状態)、want(=欲している状態)などは、“はい今すぐやめて!”と言われてもやめられませんよね?知っていることを今すぐ忘れたり、住んでいるところから今すぐ引っ越すことや、欲しい気持ちを今すぐやめたりすることはできないのが普通です。

つまり現在完了の【継続】というのは、過去のある時点から今現在も続いている状態の継続を状態動詞を使って表す用法なのです。

また、現在完了形の【継続】は単に現在の状態を述べているわけではなく、過去から現在までという一定のあいだずっと継続している状態について表すことになります。

文を日本語訳する時には「ずっと」という言葉を補ってあげると継続している状態が伝わりやすくなります。

例)

彼らはずっと結婚しています
They have been married.

これで状態が継続している感じがグッと伝わると思います。

have been married

【継続】を表す現在完了形 <肯定文>

さあ、ではさっそく文を作っていきましょう。

基本の形は

present-perfect

でしたね。


では「彼女は大きなソファをずっと欲しいと思っている」という文を作ります。

主語は「彼女は」、動詞は「欲している=want」なので、


She has wanted a big sofa.
彼女は大きなソファをずっと欲しいと思っている


これで完成です。


もうひとつ。「彼は彼女のことがずっと好きです」はどうでしょう?

主語は「彼は」、動詞は「好き=like」なので、


He has liked her.
彼は彼女のことがずっと好きです


となります。

スポンサードリンク



【継続】と一緒によく使う表現:for/since

さて、継続しているのが一体どのくらいの期間なのかはforsinceを使って表します。それぞれの使い方を見ておきましょう。

for

forは「〜の間」という期間を表します。前置詞なので後には名詞や名詞句が続きます。

I‘ve lived in this town for 10 years.
私はこの街に10年間ずっと住んでいます。

They have been friends for more than 30 years.
彼らは30年以上ずっと友達です。

他にも、for a while「しばらくの間」、for many years/for ages「何年もの間」、 for a few years「数年間」、などといった言い方もあります。いろんな言い方の引き出しを増やしておくといざという時に助かりますね。

since

sinceは「〜以来・〜から」という拠点を表します。またsinceは前置詞としても接続詞としても使うことができます。前置詞として使う場合はそのあとに名詞や名詞句を続け、接続詞として使う場合は過去形の文を続けます。

They have known each other since 1990.(前置詞として)
彼らは1990年からずっと知り合いです。

She has had the dream since she was little.(接続詞として)
彼女は幼い頃からずっとその夢を持ち続けています。

forやsinceを一緒に使うと、状態動詞ではなくてもある一定の長さの動作であれば動作動詞も現在完了を使って表すことができます。この場合「(過去から今まで)〜してきた」という訳にするといいでしょう。

I have worked for 5 years.
私は5年間働いてきました。

We have studied English since junior high school
私たちは中学から英語を勉強してきました。

こういった使い方は、仕事や趣味、習慣などを表すことが多いです。


となりの英会話

60年で100万人が成功した七田式メソッドがスマホで学べる!

【継続】を表す現在完了形 <否定文><疑問文>

次は否定文と疑問文の作り方も見ておきましょう。

否定文

否定文はhave(has)の後にnotを補います。

現在完了形の否定文
present-perfect-not


では例文で確認しましょう。

まずは「私はここに長い間住んでいません」という文から作ってみます。

主語は「私は」、動詞は「住んでいる=live」ですね。


I have not lived here for a long time.
私はここに長い間住んでいません


これで完成です。


ではもう一つ。

「彼らはしばらくペットを飼っていません」という文を作ってみます。

主語は「彼らは」、動詞は「飼っている=have」なので、

They have not had a pet for a while.
彼らはしばらくペットを飼っていません

となります。

疑問文

続いて疑問文です。

疑問文はhave(has)を一番前に持ってきます。

現在完了形の疑問文
present-perfect-question


では例文で確認しましょう。

まずは「彼女はテニス部にずっと所属していますか?」という文。

主語は「彼女は=she」、動詞は「所属している=belong」なので、これらを疑問文の形に当てはめてみると、

Has she belonged to a tennis club?
彼女はずっとテニス部に所属していますか

という文ができました。belong to〜「〜に所属している」といった表現はよく使うので覚えておくといいと思います。


では「あなたは生まれてからずっとこのピアノを所有しているのですか」はどうでしょう?

主語は「あなたは=you」、動詞は「所有している=own」ですね。また、「生まれてからずっと」と」は、「あなたが生まれて以来」ということなのでsinceを使いましょう。すると、

Have you owned this piano since you were born?
あなたは生まれてからずっとこのピアノを所有しているのですか

となります。


動作動詞を使った【継続】は現在完了進行形にする!

さて、これまでは現在完了形の【継続】は状態動詞を使うと繰り返し確認してきましたが、実は動作動詞でも【継続】を表すことがあります。

動作動詞を使って現在完了の継続を表す時は、その動作が過去から現在まで絶え間なく続いていることがポイントになります。

また、そういった動作の継続を表すときには現在完了進行形を使います。

基本となる形は次のとおりです。

現在完了進行形の形


これで、「過去のある時点から今現在まで休みなく何かをし続けている」という意味になります。

例文で確認すると、

I have been waiting for my flight for 4 hours.
私は自分のフライトを4時間待ち続けています。

My sister has been singing since this morning.
私の姉は今朝からずっと歌をうたっています。

It has been raining since yesterday.
昨日からずっと雨が降っています。

となります。

どれもずーっと動作が絶え間なく続いている状態を表していますね。


あとがき

今回は現在完了の【継続】を見てきました。現在完了形のニュアンスや使い方をしっかり掴めたでしょうか?

中学英語でもこの現在完了形はつまづきやすいところでもあるのですが、今回の内容をしっかり理解できて入れば大丈夫です。繰り返し記事を読んでみることでより理解が深まると思います。

なんとなく曖昧に覚えていた人はこれを機会に、人に教えることができるまでみっちり復習しておきましょう。

現在完了のその他の用法【経験】【完了】に関しては以下のページで解説しています!

experience
completion

スポンサード リンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Cocoa
Cocoa
こんにちは!英会話スクールの主任講師として約10年ほど英会話を教えてきました。英会話スクール講師のほかTOEICセミナー講師、通信教育の添削指導者、英語翻訳などを経て、現在は大阪で主婦をしています。TOEIC910点取得。得意分野は英文法、発音、英検・TOEIC、アメリカンカルチャーなど。中学英語の見直しを基本に、みなさんに役に立つ記事を発信しています!