【冠詞】a, an, theのキホンを解説!練習問題あり

article



今回のテーマは「冠詞」(articles)です。

「冠詞」には、a, an, theの3つがあります。

これらは英語を書いたり読んだりするときにあまり目立たない存在なので、私たち日本人はついつい雑に扱ってしまいがちですが、実はとても大切な品詞です。

ここで2つの例文を見てください。どちらも「窓を開けてくれませんか?」という意味ですが、それぞれのwindowの意味が異なります。どう異なるのか説明できますか?

  1. Will you open a window?
  2. Will you open the window?

簡単に説明すると、

①は、窓がたくさんあるうちのどれか一つを指しています。

それに対して②は、話者同士でいつも開ける窓が決まっているとか、その部屋には窓が一つしかない時です。

aとtheの違いだけでここまで意味が変わってしまうほど、冠詞は大きな意味を持つことがわかります。

今回は日本人が見落としがちなそんな「冠詞」のルールをもう一度見直し、英語できちんと使えるようにしていきましょう。


aとan

aとanの意味

冠詞のaとanは、たくさんあるの中の「一つの・一人の」という意味で、数えられる名詞が単数のときに必ず必要になります。

I have a cat.
私は猫を1匹飼っています。

A man is sleeping on the bench.
一人の男性がベンチで寝ています。

猫や男性はこの世の中にたくさんいます。そのうちの1匹、または一人という意味でaが使われています。


ちなみに、数えられる名詞が複数ある場合は、aやanをつける代わりにその名詞を複数形にします。

I have two cats.
私に猫を2匹飼っています。

There are many factories in this area.
この地域にはたくさんの工場がある。


数えられる名詞が単数のときには必ずaやanをつけ、複数のときはaやanをつける代わりにその名詞を複数形にする


aとanの使い分け

aとanは使い分ける必要があります。通常はaを使えばOKですが、それ以外の時にはanを使います。それは、その直後にくる単語が母音で始まる時です。

子音で始まる時は a
I have a banana.
Mr. Jones bought a car.

母音で始まるときは an
I have an apple.
There was an earthquake yesterday.

英語の母音は数が多い!

日本語には母音は、アイウエオの5つしかありません。

一方英語はもっと数が多いです。さまざまな分類の仕方があるのでこれが正解!とは言えませんが、おおざっぱに見積もっても15個ぐらいあります。

例えば「あ」に近い音一つとっても、

  1. 口を大きく開け喉の奥から「あ」と言うときの[ɑ]
  2. 「え」と「あ」の間の音の[æ]
  3. ちょっとだらしなく「あ」と言った時の[ə]
  4. 何かを思い出したときに「あ」と言う時の[ʌ]


というように複数の異なる「あ」が存在するのです。


ここで注意すべき点が2つあります。

例えば次のような場合です。

I have an hour.
私は1時間あります。

まずこの文ですが、hourはhで始まっているのにどうしてanなの?と思った方はいませんか?

これは発音記号を見ればわかります。発音記号は辞書でその単語を調べると、意味と一緒に必ず記されているので、興味のある方は調べて見てください。

そうすると、hourの発音は[áuər]で、[a]という母音で始まっていることがわかります。


次のようなケースもあります。

It’s a unique color.
それはユニークな色です。

この場合、uniqueはuで始まっているのにどうしてaなの?となるかもしれません。これも発音記号を調べてみます。そうすると、uniqueの発音は[juːníːk]で、[j]という子音で始まっていることがわかります。

これら2つの例からもわかるように、aかanかを決めるのは、スペルではなく「音」なのです。


もうひとつ例を見ておきましょう。

I have an old guitar.
私は古いギターを一本持っています。

guitarの発音は[gitɑ́r]です。[g]という子音で始まっているのにどうしてanなの?となるしれません。しかしその直後にあるoldの発音は[óuld]で、[o]という母音から始まっています。

つまり、aかanかはその直後の音が影響するということですね。

anがついた時の発音

speak

せっかくなので発音も完璧にしておきましょう。

anは[n]という子音で終わっています。子音で終わり、次の単語が母音で始まるときは音をつなげて発音します。

例えば、an ideaは「アン アイディア」とは発音せずに、「アナイディア」のように日本語のナ行に変化させて発音します。(太字はアクセントの位置を表しています)

an ideaをanideaというように一つの単語のように発音することがポイントです。


では次の語を発音してみましょう。

  • an apple → アナッポー
  • an hour → アンワー
  • an orange → アノウレンジ
  • an envelope → アネンヴェロウプ
  • an earthquake → アナースクエイク
  • an umbrella → アナンブ
  • an old house → アノウルド ハウス
  • an expensive car → アネクスペンシヴ カー


自然な速さで言えるように何度も練習してみて下さい。

theって?

次はtheについてみていきましょう。

theのキホン

冠詞のtheは「定冠詞」とも呼ばれ、単数形・複数形問わず使うことができます。

theになるときというのは、

  1. 世界に一つだけのもの
  2. 前に一度話題に上がっていたもの
  3. 話者同士でどれを指しているのか分かっているもの


など限定的なものを指すときです。

例えば、

The sun sets in the west.
太陽は西に沈む。

という文ですが、常識的に「太陽」は太陽系に一つしかありませんし、「西」という方角も一つしかありません。そういったものにはtheを付けます。


Kate gave me an apple yesterday, and the apple was very sweet.
ケイトは昨日私にリンゴをくれました。そのリンゴはとても甘かったです。

という文は、最初のappleは「あるリンゴ」というたくさんある中の一つのリンゴなのでan appleにするのに対し、次に出てくるappleは「ケイトにもらった」とすでに話題に上がっていたリンゴなのでthe appleとなります。


Could you close the door?
ドアを閉めていただけませんか。

という文は、閉めるべきドアがどれかを話者同士が分かっているのでthe doorとなります。

theの発音

ここで発音についても確認しておきたいと思います。

theの次の単語が母音で始まるときは、theは「ジ」や「ディ」のように発音します。thなので舌先を軽く噛みながら発声するのが正しい発音の仕方です。

これも発音練習をしてみましょう。

  • the apple → ジ アッポー
  • the airplane → ジ アプレイン
  • the idea → ジ アイディ
  • the elephant → ジ レファント
  • the orange → ジ レンジ
  • the umbrella → ジ アンブ
  • the interesting story → ジ ンタレスティング ストウリー
  • the old book → ジ オウルド ブック


theの有無がすでに決まっているもの

理屈なしでtheを付けるか付けないかが決まっている名前もあります。例外もありますが、だいたいこのような感じになります。

theを付けるものtheを付けないもの
砂漠、海、川、山脈、半島

We sailed across the Pacific Ocean.
私たちは太平洋を船で横断した。

The Alps are in the center of Europe.
アルプス山脈はヨーロパの中央にある。
交通手段

I went there by bus.
私はそこへはバスで行った。
ホテル、美術館

They stayed at the Hilton Hotel.
彼らはヒルトンホテルに泊まりました。
湖、山

He climbed Mt. Fuji last summer.
彼は去年の夏に富士山に登った。

Lake Biwa is the biggest lake in Japan.
琵琶湖は日本で一番大きな湖です。
方角

We’re driving to the east.
私たちは東に向かって運転している。
駅、空港

Transfer at Tokyo Station, please.
東京駅で乗り換えてください。
時間帯

I walk the dog in the morning.
私は午前中に犬の散歩に行く。
公園、橋

Central Park is in New York.
セントラルパークはニューヨークにある。
国名(united, republic, 国名が複数形)

These bananas are from the Philippines.
これらのバナナはフィリピン産です。

London is the capital of the United Kingdom.
ロンドンは英国の首都です。
国名

I’m from Japan.
私は日本出身です。


go to school? それとも go to the school?

ing

「学校に行く」と言いたいときは、go to school なのか、go to the schoolなのかどちらでしょう?

答えは、「通学する」という意味ならgo to school、ただ単にその建物に行く目的ならばgo to the schoolになります。

go to school
通学する

go to the school
その学校(の建物)に行く

go to schoolのように、theなしですでにフレーズ化しているものは他にもあります。

go to church「礼拝に行く」
go to the church「教会の建物に行く」

go to bed「寝る」
go to the bed「ベッドに行く」

go to prison「(囚人として)刑務所に入る」
go to the prison「刑務所の建物に行く」


theは限定的なものを指すときに使われることから、行くのはその建物までという考え方です。

逆にtheを使わないときは、そこへ行くことだけに限定せず、その先の目的にまで意味が広がっている、と考えると分かりやすいですね。

冠詞の位置

冠詞を置く位置も押さえておきましょう。

冠詞は名詞の前に置きます。これが基本です。

冠詞+名詞
a car
the chair
an egg

名詞の前に形容詞や副詞がある場合はその前に冠詞を置きます。

冠詞+(副詞)+形容詞+名詞

a big car
the old chair
a very tall man

ただし、次のような場合には形容詞の後に冠詞を置きます。

such a(an) 〜「そのような〜」
I never tell such a lie
私はそのような嘘は絶対に言わない。

all the 〜「その全部の〜」
I have already spent all the money.
私はもうそのお金を全部使ってしまった。

half a(an) 〜「半分の〜」
It takes half an hour.
それは30分かかります。

both the 〜「その両方の〜」
Both the sisters are married.
その姉妹二人とも結婚しています。

double the 〜「倍の〜」
I paid double the price.
私はその倍の値段を払った。

冠詞クイズ!

be going to or will

次の文のカッコにa, an, theのいずれかを入れましょう。入れる必要のない場合は×を入れましょう。


I read ( ) book yesterday, and ( ) story was very interesting.

a, the

「一冊の本」はa bookです。storyは「その本の」という限定的なものを指します。



It took me ( ) year to save one million yen.

a

yearの発音は[jíər]で、子音で始まっています。



Will you pass me ( ) salt?

the

塩は数えられない名詞。話者同士が「そこにある塩」と分かっているのでtheをつけます。



( ) Kyoto Station is always crowded with many tourists.

×

駅名は無冠詞になります。



The man got arrested by the police and went to ( ) jail.

×

「服役する」という意味では無冠詞になります。



We stayed in New York for only half ( ) day.

a

「半日」は「一日の半分」なのでhalf a dayにします。



( ) Sun rises in (  ) east.

The, the

「太陽」は一つしかないのでtheを付けます。方角もtheと一緒に使います。



( ) Netherlands is such a beautiful country.

The

「オランダ」はNetherlandsのように複数形の国名です。複数形の国名にはtheが付きます。ただし動詞は単数扱いになることに注意しましょう。


最後に

今回は冠詞についてみてきましたがいかがでしたか?

大まかに内容をまとめると、次のようになります。

  • 冠詞にはa, an, theがある。
  • aとanは「たくさんある中の一つ」という意味。
  • anになるのは直後の語が母音で始まる時。
  • theは限定的なものを指す時に使う。
  • 常にtheをつけて使う名前がある。


冠詞はあまり目立たない品詞なので、抜け落ちたり適当に使ってしまったりしてしまいますが、ネイティブにとってみたら、ちょっとした冠詞の間違いでもやっぱり「なんか違う」と感じてしまいます。

それは例えば日本語で「バラはキレイです」とか「私は図書館働いています」と聞いて、意味は通じるけど「なんか違う」って思いますよね?それと同じレベルの間違いかもしれません。

が、やはり知っているのと知らないとでは全く違います。少しずつでもいいので冠詞のルールを覚えていきましょう。

こんな本もあります!


anotherやother、the otherやothersの違いについてはこちらです↓

the other

スポンサード リンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Cocoa
Cocoa
こんにちは!英会話スクールの主任講師として約10年ほど英会話を教えてきました。英会話スクール講師のほかTOEICセミナー講師、通信教育の添削指導者、英語翻訳などを経て、現在は大阪で主婦をしています。TOEIC910点取得。得意分野は英文法、発音、英検・TOEIC、アメリカンカルチャーなど。中学英語の見直しを基本に、みなさんに役に立つ記事を発信しています!