中学で教えてくれない【現在進行形】で未来を伝える使い方

ing



今回のテーマ「現在進行形」は中学で習う文法ですが、みなさんはどれだけ覚えていますか?

おそらくみなさんは、現在進行形とはbe動詞+[~ing]で、「今私は〜しています」を表す文だ、というように理解しているかもしれません。もちろんそれで正解です。正解ですが、実は現在進行形で言えることというのはもっとたくさんあるんです!

中学ではごく基本的なことまでしか教えてくれないので、現在進行形で言える他のことについては授業で触れることがありません。

今回は中学では教えてくれない現在進行形の4つ使い方をいろんなシチュエーションを例にしながら紹介し、最後には今まで限られていた現在進行形の使い道を広げ、会話で使っていけるようにしていきたいと思います。

では見ていきましょう。

まずは見直そう!【現在進行形】の作り方と基本の意味

基本の形とその意味

まずは現在進行形の基本の形を復習しておきましょう。

現在進行形

主語+be動詞の現在形(am/are/is)+一般動詞の~ing

これが基本です。

be動詞の現在形は主語によって変わります。

主語be動詞
Iam
you / we / they / 複数形の名詞are
he / she / it / 単数形の名詞is

この基本の形で「(今)〇〇は〜しています」(今)〇〇は〜しているところです」という意味になります。

例えば

I am making dinner.
(今)私は晩ご飯を作っています。

We are playing soccer.
(今)私たちはサッカーをしているところです。

He is reading a book.
(今)彼は本を読んでいます。

というのが現在進行形の文です。

これを自分の目の前で言われれば「そんなの見れば分かる!」と言いたくなりますが、現在進行形は次のようなシチュエーションでよく使います。

例えば晩ご飯を作っている最中に電話がかかってきたとしましょう。手が離せない状態ですが、親友のケイティからの電話なので一応出ました。

Mika

Hi. What’s up?
もしもし、どうしたの?

Katy

Hi Mika. I have two tickets for a rock concert. Do you want to come with me?
もしもしミカ。ロックコンサートのチケットが2枚あるんだけど一緒に行かない?

Mika

Oh, yeah. Sorry, Katy. I’m making dinner right now. Can you call me back later?
あ、うん。ごめんケイティ。今ちょうど晩ご飯作ってるのよ。また後でかけてくれない?


というように、相手が見えない状況で今していることを説明する時、現在進行形はとても役立ちます。

ing形の作り方

動詞のing形の作り方には一定のルールがあるので確認しておきましょう。

動詞の種類変化の仕方ing形
eで終わる動詞eを取ってingにするmaking, coming, taking など
アクセントのある母音+子音のp/t/m/nで終わる動詞子音のp/t/m/nを重ねてingにするstepping, cutting, swimming, beginning など

これ以外の動詞はただingだけを付ければOKです。

疑問文と否定文

疑問文の作り方はbe動詞の疑問文の作り方と同じで、be動詞を文頭に持ってきます。

You are making dinner.
Are you making dinner?

あなたは(今)晩ご飯を作っていますか?

答え方もbe動詞の時と同じです。

Yes, I am./No, I am not(I’m not).
はい、そうです。/ いいえ、違います。


否定文はbe動詞の後にnotを置きましょう。

He is watching TV.
→ He is not watching TV.

(今)彼はテレビを見ていません。

現在進行形の基本の見直しは以上になります!忘れてしまっていた人も一通り思い出せたでしょうか?

他にもたくさん言える!【現在進行形】4つのいろんな使い方

four ways

さてこの現在進行形ですが、「(今)〇〇は〜している」という意味の文以外にも様々なことが言えます。それが以下の4つです。

  1. 確定しているごく近い未来
  2. 今だけの一時的なこと
  3. 繰り返ししている習慣
  4. 最近起きている傾向やトレンド

確定しているごく近い未来

現在進行形を使って確定しているごく近い未来について言うことができます。ではシチュエーションごとに見ていきましょう。

もうすぐ電車が発車する時刻が近づいているので急いでホームに向かっているとき。

Our train is leaving in a moment! Hurry!
私たちの電車がもうすぐで発車するよ!急いで!
(↑電車がまもなく時刻表通り発車しようとしている)



嬉しそうな様子の友達にそのワケを聞いた時の返事。

My boyfriend and I are taking a trip this weekend!
彼と今週末旅行に行くの

(↑飛行機も宿も予約済みで、旅行に行くことが決まっている)



今夜映画を一緒に見に行こうと友達を誘った時の返事。

I’m working overtime late tonight.
今晩遅くまで残業があるの

(↑残業することがもう確定している)


このように、予定が組まれていたり準備を済ませてあることがごく近い未来に起こる時には、現在進行形を使うことができます。

今だけの一時的なこと

今だけしている一時的なこととは、「今はそうしているけど、ずっとそうしているわけではない」という意味です。これもシチュエーションごとに見てみましょう。

一年間の単身赴任で東京に住んでいるとき。

I’m living in Tokyo.
今東京に(一時的に)住んでいます

(↑ずっと住み続けるのではなく、しばらくして別の場所へ転勤する可能性がある)



お小遣い稼ぎで本業とは別に副業もしているヒロシさん。

Hiroshi is working part time at a post office this winter.
ヒロシは今年の冬、郵便局で(一時的)にアルバイトをしています

(↑年末年始の忙しい時期だけで、そのあとは続ける予定がない)



もうすぐ運転試験があるのでそれに向けて猛勉強している友達がいる。

She is studying hard for a driving test.
彼女は運転試験に向けて(一時的に)一生懸命勉強をしています

(↑試験に合格すれば試験勉強が終わる)


どれも恒久的なことではなく一時的にしていることですね。このような場合には現在進行形が使えます。

それと同じようにこんな例もあります。

He is being nice.
彼は今だけいい人です。

(↑いつもは違うけど今だけいい人を演じている)

ちょっとやな感じですが、He is niceと言うよりも「今だけ感」を出すことができます。

繰り返ししている習慣

繰り返し同じことをついつい習慣的にしてしまっている習慣も現在進行形を使うことができます。

My son is always playing video games.
息子はいつもビデオゲームばかりしています

(↑ゲームばかりしていて、それが習慣として繰り返されているという意味)


ご飯作りが面倒でついつい外食をしてしまっている二人。

We are always eating out.
私たちはいつも外食ばかりしている

(↑外食することがついつい習慣になっている)

酒癖が悪く、飲んでいるときに機嫌が悪くなってしまうブラウンさん。

Mr. Brown is constantly drinking too much.
ブラウンさんはいつもお酒を飲み過ぎてばかりいる

(↑お酒を飲み過ぎるのが習慣になっている)

何度言ってもミスが減らない部下に上司が一言。

You are always making the same mistakes.
君はいつも同じ間違いをしてばかりしている

(↑繰り返し同じ間違いをしてしまう)


このように、どれもついつい繰り返ししてしまう習慣的なことを述べていましたね。

これにはよく一緒に使われる語句があります。

alwaysいつも
constantly常に、絶え間なく

覚えておくと便利ですね。

最近起きている傾向やトレンド

最近起きている傾向やトレンドについても現在進行形で表すことができます。

散歩途中に見かけたきれいな色の木々を見て、

Leaves are starting changing color.
葉っぱが色づき始めてきている

(↑秋になるにつれ葉っぱが色づいてきている)

英語がスラスラ話せるようになってきている友達に。

Your English is getting better and better.
あなたの英語はだんだん上手くなってきている

(↑英語が上手くなるという変化が起きている)



スマホを持ち歩いている小学生たちを見て、

A lot of kids are carrying smart phones these days.
最近はたくさんの子供がスマホを持ち歩いている

(↑スマホを持ち歩くのがトレンドになってきている)


このように、最近起こっている変化やトレンドなども現在進行形を使って表すことができるのです。

注意!進行形にできない動詞

not V-ing

一般動詞には進行形にできない動詞があります。「感情・状態」を表す動詞がその例です。

know知っている
live住んでいる
have所有している
like好きである
love愛している
see目に映る
hear聞こえる
remember覚えている
believe信じている
want欲している
need必要としている
understand理解している

これらの進行形にできない動詞と進行形にできる動詞の違いは、「今すぐやめられる動作かどうか」を考えると簡単にわかります。

例えば、知っている(know)ことは今すぐに忘れることはできません。住んでいる(live)ことも役所の手続きや引越しが必要ですので今すぐにはできません。所有している(have)ことも手放すには時間がかかります。

このように、「今すぐやめられる動作かどうか」で区別すると比較的覚えやすいですね。

【現在進行形】にした時に意味に注意する動詞

have

現在形の時と現在進行形にした時に意味が変わるものにはhaveがあります

現在形
(持っている、所有しているなどの継続的な状態を表す)
現在進行形
(行う、食べるなどの動作を表す)
I have a car.
私は車を所有しています。

I have a headache.
頭痛がします。
Tom is having a good time at the party.
トムはパーティで楽しい時間を過ごしています。

I’m having dinner with my daughter.
私は娘と夕食を食べている。
having a good time

stop / die

このほかにもstop(止まる)やdie(死ぬ)にも注意しましょう。

The train is stopping.
電車が止まりかけています

ちなみに「電車が駅に止まっている」と言いたいときは、
The train is at the station.
と言います。

The bug is dying.
その虫は死にかけています

ちなみに「その虫は死んでいる」と言いたいときは、
The bug is dead.
と言います。

進行形にできない動詞をあえて進行形にしたときの意味

例えばunderstandはふつう進行形にはできない動詞ですが、

Im understanding you.

のようにあえて進行形にすることで、「あなたのことをどんどん理解してきている」という感じが伝わってきます。


他にも、loveはふつう進行形にはできませんが、

I’m loving this city.

のようにあえて進行形にすることで、「この街のことをどんどん好きになってきている」という感じが伝わってきます。


今紹介した言い方もありますが、

I’m getting to understand you.
あなたのことを理解し始めている

I’m getting to love this city.
この街のことを大好きになり始めている

のように、be getting to 〜(だんだん〜し始めている)の方が一般的に使いますのであわせて知っておきましょう。


おすすめの本!

他にも言える【現在進行形】 まとめ

現在進行形のさまざまな使い方を見てきましたがいかがでしたか?

ただ単に「今〜しています」という意味だけでなく、他にもいろいろ使えるシチュエーションがありましたね。中学で習った現在進行形がこんなにも奥深かったとは!と思って頂けたら嬉しいです。

現在進行形
  1. 現在進行形にはもっといろんな使い方がある
    確定しているごく近い未来
    今だけの一時的なこと
    繰り返ししている習慣
    最近起きている傾向やトレンド
  2. 進行形にできない動詞がある
    今すぐやめられるかどうかを考える
  3. 進行形にできない動詞が進行形になった時
    「どんどん」そうなってきている様子が伝わる

以上がまとめになります。会話で現在進行形をどんどん使って、会話の幅を広げていきましょう!


be動詞や一般動詞の見直しが必要な方は以下の記事でくわしく解説しています。

植物の芽 sprout
superman

現在進行形をマスターしたら、過去進行形についても理解を深めよう!↓

progressive

スポンサード リンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Cocoa
Cocoa
こんにちは!英会話スクールの主任講師として約10年ほど英会話を教えてきました。英会話スクール講師のほかTOEICセミナー講師、通信教育の添削指導者、英語翻訳などを経て、現在は大阪で主婦をしています。TOEIC910点取得。得意分野は英文法、発音、英検・TOEIC、アメリカンカルチャーなど。中学英語の見直しを基本に、みなさんに役に立つ記事を発信しています!