今さら聞けないbe動詞の現在形とは?否定文と疑問文もまとめて解説

植物の芽 sprout



中学で習う英文法の基礎中の基礎と言えるのが「be動詞」です。

今回は英語の一番根っこのところとも言うべきこのbe動詞を見直しておこうと思います。これが分かっていないと、この先英語の勉強を続けても何をやっているのか分からなくなってしまい、結果的に英語が苦手になってしまいます。

そんなことにならないためにも、まずはbe動詞を見直しておきましょう!

今回目指すゴールは、be動詞とは何かをしっかり理解し、現在形を理解することです。最後には練習問題も用意しましたのでぜひやってみてください。

ではさっそくみていきましょう。

be動詞の現在形とは?一般動詞と何が違う?

be動詞とは、文の中で「です」「います(あります)」を言いたいときに使う動詞です。

例えば

  • 母は看護師です
  • 妹たちはかわいいです
  • 父はリビングにいます
  • その銀行は駅前にあります。 など

文の中で赤くなっているところが英語でbe動詞になるところです。

それに対して一般動詞と呼ばれるものは、もっと具体的なアクションを表す動詞のことです。例えば、「泳ぐ」「走る」「食べる」「寝る」というようなアクション全てが一般動詞であり、数は無限にあるということです。これがbe動詞と一般動詞との違いです。

be動詞とは何かが分かったところで、次にbe動詞の種類をみてみましょう。

be動詞現在形の種類は3つだけ

three be verbs

be動詞の種類は am, are, is の3つだけです。

このうちのどれを使うのかは主語が何であるかで決まります。下の表で確認してみましょう。

主語be動詞
Iam
you / we / they / 複数形の名詞are
he / she / it / 単数形の名詞is

am

  • 主語が I のときは am を使います。

I am a student.
私は学生です。


I am happy.
私は幸せです。


I am in the park.
私は公園にいます。

are

  • 主語が you, we, they や複数形の名詞のときは are を使います。


You are my best friend.
あなたは私の親友です。


We are young.
私たちは若いです。


They are at the bank.
彼らは銀行にいます。


Dogs are cute.
犬はかわいいです。

is

  • 主語が he, she, it や単数形の名詞のときは is を使います。


He is a chef.
彼はシェフです。


It is difficult.
それは難しいです。


Your bag is on the chair.
あなたのバッグは椅子の上にあります。


be動詞はイコールの働きをする

be動詞は「主語」と「be動詞のすぐ後の語」を = (イコール)としてつなげる働きをします。

次の文を見てください。


I am a doctor.
私は医者です。


この文の「I(私)」と「a doctor(医者)」は同じ人物です。それをbe動詞の am が間に立って =(イコール)の働きをしているということにお気づきでしょうか?

つまり、I am a doctor. という文は、

I = a doctor

ということです。

もう少し文を長くしてみましょう。

The food at this restaurant is good as I thought.
このレストランの食べ物は思っていた通り美味しいです。


文は少し長くなりましたが、余計な修飾語(無くしても文として成り立つ語句)などを省くと、基本的な文の構造はThe food (at ths restaurant) is good (as I thought).とシンプルな文だとわかります。

そして、The food is good という文は、

The food = good

となり、isが =(イコール)の働きをしていることが分かります。

このことは、be動詞とは何かを理解する上でとても大切なことなので必ず覚えておきましょう!

be動詞現在形は主語とつながる事で短縮できる

be verb connection

be動詞はしばしば主語につながって短縮されます。話し言葉ではほとんどの場合短縮されると思ってもいいでしょう。

このとき、短縮したことを示すために「’」(アポストロフィー)をつけるのを忘れないでくださいね。

元の形短縮形
I amI’m
You areYou’re
He isHe’s
She isShe’s
It isIt’s
My dog isMy dog’s
We areWe’re
They areThey’re

It is my umbrella. 

→ It’s my umbrella.
それは私の傘です。

We are Australians. 

→ We’re Australians.
私たちはオーストラリア人です。

be動詞現在形の否定文は notの位置に気をつけよう

「〜ではありません」「いません(ありません)」という否定文を作るときはbe動詞のあとに not を置きます。

主語be動詞be動詞の否定文
Iamam not
you / we/ they / 複数形の名詞areare not (aren’t)
he/ she / it / 単数形の名詞isis not (isn’t)

be動詞とnot は「’ 」アポストロフィーをつけて短縮することができます。ただし、am not をamn’t としたり、you’ren’t と2ヶ所以上短縮することはできません。


私は会社員ではありません。

誤 I amn’t an office worker.

正 I’m not an office worker.



あなたのバッグはリビングにはありません。

誤 Your bag’sn’t in the living room.

正 Your bag’s not in the living room. または、Your bag isn’t in the living room.

be動詞現在形の疑問文はbe動詞を主語の前に置く

聞き方

be動詞の疑問文は、be動詞を主語の前に持ってきて、文末に(クエスチョンマーク)をつけます。

Are you his friend?
あなたは彼の友達ですか。

Is she tall?
彼女は背が高いですか。

Am I correct?
私は正しいですか。

答え方

答えは、

Yes, 主語+be動詞.

No, 主語+be動詞.

の形で答えましょう。be動詞は主語に合わせます。また、英語では同じ単語のくりかえしを避けるために、答えでは代名詞を使います。

Is he Sara’s boyfriend?
彼はサラの彼氏ですか。

Yes, he is. / No, he is not. (No, he isn’t.)
はい、そうです。/ いいえ、違います。


Is this food delicious?
この食べ物は美味しいですか。

Yes, it is. / No, it is not. (No, it isn’t.)
はい、美味しいです。/ いいえ美味しくないです。


Are you a hair dresser?
あなたは美容師ですか。

Yes, I am. / No, I am not.(No, Im not.)
はい、そうです。/ いいえ、違います。

be動詞現在形の練習問題にチャレンジしよう

question

ではbe動詞現在形の仕上げの練習問題です。全部で10問あります。かっこに当てはまるbe動詞を入れましょう。

問題

She (   ) a junior hight school student.
彼女は中学生です。

is
主語は sheなのでbe動詞はisになる


That building (   )(   ) a library.
あの建物は図書館ではありません。

is / not
主語は that building で単数形、否定文はbe動詞の直後にnotをおく


(   ) you Americans?
あなた方はアメリカ人ですか。 
No, (   ) (   ) (   ).
いいえ、違います。 

Are
主語は youなのでbe動詞はareになる

we / are / not
Americansはアメリカ人の複数形。答えの主語は「私たち=we」になる。空欄が3つなので、we are notになる


(   ) Michael’s dog inside the house?
マイケルの犬は家の中ですか。 
Yes, it (   ).
はい、そうです。

Is
主語は Michael’s dog で単数形なのでbe動詞はisになる

is
主語の it に対するbe動詞はis


Lisa and I (   ) 16 years old.
リサと私は16歳です。 

are
主語 Lisa and I は複数形で、be動詞はareになる


(   ) driving fun?
運転は楽しいですか。
No, (   ) (   ).
いいえ、楽しくありません。

Is
主語は driving「運転する事」で名詞の単数形扱いになる。be動詞はis

it / isn’t
質問文の driving は it に置き換える


The countries I want to go to right now (   ) Germany and Italy.
今行きたい国はドイツとイタリアです。

are
主語は the countries で複数形の名詞。be動詞はareになる


be動詞現在形のまとめ

今回のことをまとめると次のようになります。

  1. be動詞の現在形は am, are, is の3つだけで、どれを使うかは主語で決まる
  2. be動詞はイコールの働きをする
  3. be動詞の現在形には短縮形がある
  4. be動詞の疑問文は、be動詞を主語の前に持ってきて文末にクエスチョンマークをつける
  5. be動詞の否定文は、be動詞の直後に not をつける


慣れないうちはどのbe動詞を使うのかで時間がかかるかもしれませんが、練習問題を何度もくりかえしやってみてください。だんだんスピードもアップして瞬間的に答えられるようになります。

さらにおすすめなのが気持ちを込めて声に出してみるやり方です。その場にいる状況を想像し、見えない相手と会話しているように練習してみましょう。会話力も同時にアップできますよ!

おわり

past

意外と簡単!be動詞の過去形はwasとwereの2つだけでいい

superman

【三単現のS】一般動詞の現在形はいつどう変化するのかが大事。

do and does

一体doとdoesはどこから?一般動詞の疑問文と否定文を丸ごと解説!

past

これ重要!一般動詞の過去形は動詞の形がカギとなる【クイズ付】

スポンサード リンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Cocoa
Cocoa
こんにちは!英会話スクールの主任講師として約10年ほど英会話を教えてきました。英会話スクール講師のほかTOEICセミナー講師、通信教育の添削指導者、英語翻訳などを経て、現在は大阪で主婦をしています。TOEIC910点取得。得意分野は英文法、発音、英検・TOEIC、アメリカンカルチャーなど。中学英語の見直しを基本に、みなさんに役に立つ記事を発信しています!